>

お店が用意してくれる場合もある

新車を置く場所を決めておこう

車を買った時は、車庫証明書を発行してもらいましょう。
そこに、車をどこに置くのか記入します。
その辺の道路に置くことは許されないので、必ず車庫を用意しましょう。
発行する際は無料ではありません。
2000円から3000円の費用がかかります。
地域によって、車庫証明書を発行する際の料金が変わるので、自分が住んでいる地域の料金を調べてください。

基本的には自分で用意しますが、どうしてもできない場合は車を購入するお店に相談してください。
代わりに、用意してくれるかもしれません。
その際は追加料金や手数料などで、10000円ぐらいの金額が発生します。
それなら自分で用意した方が、安く済みますよね。
お得に済ませるため、なるべく自分で用意してください。

お店で記入する書類とは

委任状を書くことで、買った車の名義が自分のものになります。
また車を所有したことを、登録しなければいけません。
それも委任状で済ませることができます。
委任状はお店が用意してくれるものなので、購入する時に記入してください。
名前を書いてハンコを押すだけでいいので、特に難しいことはないと思います。
使っていた乗用車を売りに出そうと考える方もいらっしゃることでしょう。

それなら今度は、車の名義が自分からお店に変えなければいけません。
その時は、譲渡証明書を使います。
こちらも同じように名前とハンコを押してください。
日常的に使っていた自家用車を下取りに出せば、その分のお金を受け取ることができます。
新車を購入する足しにできるでしょうから、下取りをしてくれるなら依頼してください。


この記事をシェアする