>

必要な準備を整えておこう

普通自動車を購入しよう

実印と印鑑証明書が必要なので、必ず用意してください。
場合によっては、印鑑証明書が1枚以上必要になります。
そのたびに、何度も発行してもらうのは面倒ですよね。
最初に発行してもらう時、3枚ほどもらっておくのがおすすめです。
中には、印鑑登録を済ませていない人がいると思います。
その際は先に済ませてください。
市役所で、印鑑登録をしてもらえます。

実印も持っていないなら、この機会に作りましょう。
車を購入する時以外にも、印鑑証明書や実印は必要になるケースが多いです。
実印を作る際、シャチハタは使用できないので注意してください。
車を買う時は最低でも、このような準備が必要です。
済ませていない工程があったら、早めに終わらせましょう。

軽自動車がほしい人

普通自動車よりも小さいサイズの車を、軽自動車と呼んでいます。
軽自動車を買う場合は、実印と印鑑証明書は必要ありません。
車の種類によって、必要な書類も変わるので知っておきましょう。
軽自動車の場合は認印と、住民票が必須になります。
また普通自動車を買う時でも、余裕者の名義が本人以外の場合も認印と住民票を用意してください。

特にローンを組む際は、所有者の名義が変わるケースが多いので必ず確認してください。
認印も住民票も、市役所で発行してもらえます。
その際は、地域によっては300円程度の費用が必要です。
財布をきちんと持って、市役所に行きましょう。
短時間で済むので、時間がなくても仕事の合間などに行けると思います。


この記事をシェアする