新車購入時に必要な手続きや費用

簡単には購入できないもの

種類によって準備が異なる

何が必要かわかっていないと、車を購入する時に戸惑ってしまいます。
スムーズに契約を進められるよう、必要なものを知っておきましょう。
まずは実印と、印鑑証明書を用意してください。
こちらは、普通乗用車を購入した時に必要になるものです。
軽自動車の場合はまた変わるので、注意してください。
軽自動車を買ったなら、認印と住民票の用意を忘れないでください。
自分が購入する車がどちらなのか、早めに確認しておきましょう。

車をどこに置くかも、この時に書面で証明しなければいけません。
車庫証明書というものがあればいいので、用意してください。
またお店で、譲渡証明書と委任状を書きます。
この2種類は自分で用意するのではなく、お店が用意してくれるものです。
委任状があれば、車を完全に自分のものにできます。
譲渡証明書は、こちらがこれまでに乗っていた車を手放す時に書きます。
今回が初めての車の購入になる場合は、委任状だけで大丈夫です。

もちろん車を購入する時は、費用が必要になります。
安くはないので、ローンなどを利用して用意してください。
普通乗用車だと、100万円前後です。
軽自動車はそれよりも少し安く、80万円前後で購入できるかもしれません。
その人によって好みがあると思いますが、予算を越える車は選択しないでください。
これから維持できなくなってしまいます。
車は毎年、税金を支払わなければいけません。
購入した時にお金をすべて使い果たすと、税金を支払えなくなります。

必要な準備を整えておこう

車は簡単に分類すると、普通自動車と軽自動車に分類されます。 どちらを購入するかによって、必要な書類が変わります。 自分で用意しなければいけないので、買う車が決まっているなら前もって用意しておくと楽です。 手続きをスムーズに済ませて、新車を乗り回しましょう。

お店が用意してくれる場合もある

委任状や、譲渡証明書は車を購入するお店が用意してくれます。 自分は用意する必要がないので、安心してください。 それらの正しい書き方も、お店の人が教えてくれると思います。 車をどこに置くのか、車庫証明書に書かなければいけません。 そちらは自分で用意してください。

新しい車を買う時の費用とは

必ず事前に予算を決めてから、車を決定してください。 ほしい車があっても、予算を大きく超える場合は選択できません。 一括で支払うのが難しい場合は、ローンを組むことも可能です。 その場合はローン会社に審査を申し込まなければいけないので、時間がかかります。